車下取り 査定

知らないと損!?高額買取のポイント

大事に乗ってきた愛車…売却するなら1円でも高く売れることを期待しますよね。
コチラでは査定前に最低限、知っておきたいことをまとめてみました。

 

車の取扱説明書

以外と忘れられがちなのが、新車購入時に付属してきた「車の取扱説明書」です。
購入時に読んだ後は車ではなく、自宅保管しているというドライバーの方が多いようです。
中には紛失してしまった場合も…。
この「取扱説明書」があるかないかだけでも査定額が大きく変わってくる場合もありますので
査定前には必ず、ダッシュボードなどへ入れておきましょう。

 

車の装備品

新車購入時にメーカーオプションでつけたカーナビやシートなどは
査定時に高く評価され高額査定されるポイントの一つ
になります。
また、社外品などを取り付けている場合も純正パーツや取扱説明書などがあると
査定額が変わることがありますので、用意しておきましょう。

 

車のキズ・凹み

査定に出す前の状態で、車に気になるキズやヘコミなどがある場合も、そのまま査定に
出してしまいましょう。

 

査定の前に少しでもよく見せようと、お金をかけて修理に出してもその際に掛かった
修理代分が必ず、査定額に上乗せされるという事は殆どないからです。
車に多少のキズなどがあっても、そのまま査定に出してしまったほうがお得でもあります。

 

車の洗車と車内の掃除

査定ではエンジン周りの機械的な部分などから車の状況をチェックすると同時に、
車のボディはもちろん車内の状態などもチェックされます。

 

まずは、見た目を最低限よく見せるためにも査定前には必ず洗車をしてボディを綺麗にしておきましょう。また、ボンネットなども開けてみて汚れが目立つようであれば軽く磨いておくのも良いでしょう。

 

車内の状況も実は重要な部分です。掃除機をかけたり雑巾がけなどを行い綺麗にしておきましょう。

 

 

>>たった3分で入力完了!無料の車一括査定サービスの詳細はコチラ