相手と意思疎通をするには

普段ミーティングをしている友人との間で意思の疎通がなかなか図れないことが多いことに最近気づいた。他愛のない話をすることは問題ないのだが、なにか込み入った話をする時。

例えばあることを実現するにあたって友人にもこういったメリットがあるからぜひ協力して欲しいだとか、なにか決定を下さねばならないときに自分はこういう意見を持っていてそれをこういうふうに混ぜられないだろうかとか。様々な場面がある。

そういったときに自分の思っていることが相手に正しく伝わり共感してもらえたり、感動してもらえればこの上なく良いのだが、どうしてもそれが間違って伝わり時には相手を不快にしたり、悲しませてしまうことが多い。こういった場面に陥って相手との関係が切れてしまったことさえある。どうしたらよいのか。その解決方法の一つとして、相手が何にいまハマっているのかを分析するのがいいのではないかとふと思った。というのも、相手の興味関心は常日頃移り変わるものだし、興味関心とは違うものを提示した所であいての心に触れることは難しいと思うからである。

そーいえば、最近通っているサロンでVライン脱毛の毛の残し方について脱毛士さんとお話をしたのだけど…自分の考えが100%通じているのかがちょっと不安。しつこいくらいの確認と意思の疎通が重要ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ